【人形と香水のコラボ】バラ・ゼラニウム・スズラン・マグノリアの特徴~私が求めているもの
私の作品イメージとキーワードから作っていただいたローズ系の香り4種類からひとつを選ぶ。
素人にはほとんど違いが分からないし、どれも素敵なので悩みました…。
そこで私が追加したキーワード「命をつなぐ・他」とローズ、ゼラニウム、スズラン、マグノリアのひとつひとつメインになっている花の特徴を考えました。

ちょっと大袈裟に言えば、どの花たちも50億年の地球の歴史の中で自然淘汰から生き延びて命をつないで来たつわものばかり。
それぞれ自分達が生き残る術と武器を持っています。

まずメインの【バラ】
これはもう花の王道。色よし、香りよし、姿よし。
世界で一番品種が多く万人に好かれているのは多分バラです。
ただ・・・これはもう育ててみて分かりましたが、とにかく手がかかります~。
すぐ病気にもなるし虫もつくし、肥料も沢山いるし水やりも欠かせない。
枝を綺麗に選定して日の当たる場所で人間がマメに世話しないとすぐに枯れてしまいます。
でも咲いてしまうとその美しさに大変さを忘れてしまうのです。

image_5110_400_0.jpg

美しさと香りのよさゆえに、人間に世話をさせて生き延びているのがバラと思う。
要するに人間は、バラが世界に繁栄するために使われている存在かもしれない。
私もメインの香りにバラを選んでしまったし、知らないうちにかしずかれてます。

ただ、バラだけではやはり弱い・・・そこに強さが欲しくてキーワードを加えたのですから。


【ゼラニウム】
今は育てていませんが、この花は花より葉のほうが強い香りがします。
香水に入っているのもゼラニウムの葉の香り。
これは虫をおびき寄せるのではなく、害虫が寄ってきて花や葉を食べられないように強い香りを放っているのです。
なので、ヨーロッパなどでは虫が窓から入ってこないように良く赤やピンクのゼラニウムがベランダに飾られているのですね。
*ゼラニウムは「外敵を排除する強さ」が私のイメージです。

【スズラン】
庭にもいくつか植えているのですが、可憐で華奢で可愛い花です。
ただスズランには毒がある。
香水企画があったせいか、またスズランを植えたくなって通販で注文しましたが、ちゃんと説明書きに「スズランは、毒生があります。誤って口にしないよう十分に注意し、お子様の手の届かない場所で管理してください」と書いてありました。
*スズランは「外敵を攻撃する強さ」が私のイメージです。

image_5109_400_0.jpg

【マグノリア】
マグノリア=泰山木は私が通っていた学校の校庭にありましたが、大きくて立派な樹でした。
常緑樹で幹も太いし、葉は大きくて固い。大きな肉厚のとても良い香りの白い花が咲きました。
ちょっとした台風でも倒れないぐらいの図太い幹だし、小動物など守ってもらえそう。
*マグノリアの強さ。それは「何者にも負けない芯からの強さ」だけれど「弱いものを受け入れられる大らかさ」も兼ね備えているような気がする・・・。

私が求めている「強さ」とは?
こうやって考えてみたら、わかってきたような気がしました。
関連記事
プロフィール

kulaladoll

Author:kulaladoll
人形作家:神奈川県在住。創作活動の傍ら鎌倉と川崎で人形教室を開いています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
AMAZON商品手芸・画材
AMAZON商品
AMAZON商品
AMAZON商品
PR
リンク
カテゴリー
twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード