人形教室のその先 13
サッカー人形展の翌年、総勢18人の「21century Doll Creators~渡邊萠と仲間達による創作人形展~」を2003年9月~10月の1ヶ月間開催することができました。

声をかけたのは名古屋の人形同好会と独学で人形を作ってホームページなどで発表している方たちで、サッカーの手作り人形展に参加してくれたのはその方たちでした。
まだ制作年数も浅いので賞を逃された人が多かったのですが、協力してくれたお礼が私もしたかったのです。

image_5192_640_0.jpg


image_5191_640_0.jpg


image_5190_640_0.jpg


なんとか開催にはこぎつけましたが実現するまでには関係者にはいろいろ苦労があり、開催中もいろんなことがありました。
匿名掲示板に中傷的なことを書かれたり、せっかく作ってきたのに施設管理者の方に「公共の場所ではこれはちょっと…」と言われて飾れなかった作品もあったし、些細なことで参加者同士のいさかいもあったし、とにかく創作人形の世界は特にだと思いますが、初めてのことをやるのは大変だと言うことを実感…(*_*)

でも、TV神奈川が取材に来てくれたし入館者数も6000人を超えて、大変だったけれど達成感はありました。
自分がこの先人形の世界でどうしていくべきか、何をすべきか。
という道しるべのようなものも、少しずつ見えてきたような気がしました。

当時の参加者で今も交流のあった方は先日渋谷ルデコの12人展でもご一緒しましたが、メンバーの3分の1ぐらいの人は現在人形から遠ざかっているようです。
創作人形の世界をこれから目指したいと思う人がもしこのコラムを読んでいたら、私が言いたいのは
「大事なのは続けること。仲間を作ること」と思います。
関連記事
プロフィール

kulaladoll

Author:kulaladoll
人形作家:神奈川県在住。創作活動の傍ら鎌倉と川崎で人形教室を開いています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
AMAZON商品手芸・画材
AMAZON商品
AMAZON商品
AMAZON商品
PR
リンク
カテゴリー
twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード