人形教室の その先11
サッカー人形公募展の審査員は引き受けたものの、作品は集まるのか?というのが一番の心配でした。
人形作る人はスポーツ苦手な人が多いというのが私の見解なので、サッカーなんて興味なさそうだし・・・。

主催者側に「どうやって作品集めるつもりですか?」と聞いたら「チラシとポスターを市内の駅や公共施設に置いたり・・・」
「会場にはどのぐらい並べる予定ですか?」「200体まで置けるように配置図を用意しています。応募した方は全員飾らせていただく予定です」
ちょっと楽観視しすぎ。200体は絶対無理だろう・・・せいぜい集まっても50ぐらいと思う。
全部飾っても会場埋まらないかも。
案の定、ポスターを駅に貼っても「応募用紙の申し込みが2件しかありません~」とイベントの運営担当者に泣きつかれました(+_+)

私もなるべく協力することにして人形教室に応募要項を持って行ったりお知り合いの人形作家さんにもお弟子さんに出していただくように頼んだりしましたが、皆さん口をそろえて「サッカー人形ねぇ・・・一応声かけてみるけど、集まらないと思うよ~」でした。
ここで助けになったのはインターネット。
人形関係のホームページや人形の検索サイトにも応募の呼びかけをし、最終的には60体あまりの作品が集まりました。
とりあえず、これなら形になるだろう・・・ほっ。

私も「作品作ってください」と言われて、初めてこんな筋骨隆々のサッカー人形を作りました。

image_5255_640_0.jpg


その年は日本が初めてワールドカップに出場することになり、大方の予想は「予選落ち」だったので最初世間は全く盛り上がっていませんでした。
でも日本選手がずいぶん健闘したおかげでベスト16まで進出して、サポーター達も盛り上がり最終的にはこのイベントは大成功でしたが「もっと前から世間が関心を寄せてくれていたら良かったのにね」と関係者同士で話していました。


image_5254_640_0.jpg

W杯がテーマの人形展という事で、マスメディアの取材も多かった展覧会でした。(記事は神奈川新聞)

主な取材メディア:NHKテレビ、神奈川TV、毎日新聞、読売新聞、神奈川新聞、東京新聞、サンケイ新聞 海外:ドイツ、韓国、ブラジル各TV局など



そして、この手作り人形展がきっかけで翌年に1ヶ月間、横浜人形の家協賛の展覧会を開かせていただくことになりました。
関連記事
プロフィール

kulaladoll

Author:kulaladoll
人形作家:神奈川県在住。創作活動の傍ら鎌倉と川崎で人形教室を開いています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
AMAZON商品手芸・画材
AMAZON商品
AMAZON商品
AMAZON商品
PR
リンク
カテゴリー
twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード