人形教室のその先 1
私が人形を作るに至った経緯は個人サイト別館のおまけのプロフィールhttp://artcommunity.kula-ladoll.com/pro2.htmlに書いていますが、15年ぐらい前から少しずつ人形を教えていて「創作人形あとりゑKULA-LA」と名前をつけた今の形で教室を開いてから10年余りになります。

その頃は創作ビスクドールが出始めの頃で恋月姫さんの作品集をはじめ人形の作り方や雑誌など、人形関連の書籍が多く出版されたこともあり、人形ブームでした。
デパートで人形展がしきりに開催され、東京国立近代美術館で「創作人形展」、東京都現代美術館で「球体関節人形展」が開催されたり全国規模の創作人形公募展「ドールファンタジア」があり、人形教室はどこも満員御礼だったと記憶しています。

今まだ人形を作り続けている人はそのうち何人いるのでしょう。
少なくとも、うちに来ている生徒さんでその頃からの方はいません。
教室を閉めてしまい、作品さえ作っていない人形作家も何人もいます。
なぜたった数年で諦めてしまうの?
来なくなってしまった方に強制はできません。
でも「ずっと作り続けたい」って言っていたじゃないの…と、いつも寂しい思いをしています。

では私はなぜ作り続けているんだろう。
それは「好きだから」が一番の理由だと思う。
何度もやめようと思ったし、実際しばらくやめていたこともありましたが、いつのまにか舞い戻っているのは私が人形に関わることが私にとって必要なのだと思います。
特別大きな野望を抱いてこの世界に入ったわけではありませんが、発表し続けていると次の課題が見えてきてまた頑張ろうと思って、そうするとまた展示の機会が与えられて…の繰り返しだと思います。

今は先が見えない時代。
1体30万もするような人形が飛ぶように売れていた時代は終わり「人形で食べて生きたい」と思う人が居なくなってしまったからかもしれませんが、本当に好きなことや自分に必要なものは残るはず。
「昔はよかった」なんて郷愁にひたってちゃいけない。この先のことを考えようよ…。

人形を教えたり作りながら考えていることを時々、これから書いていこうかと思っています。

関連記事
プロフィール

kulaladoll

Author:kulaladoll
人形作家:神奈川県在住。創作活動の傍ら鎌倉と川崎で人形教室を開いています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
AMAZON商品手芸・画材
AMAZON商品
AMAZON商品
AMAZON商品
PR
リンク
カテゴリー
twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード