人形公募展にチャレンジ その4 失敗談と二次審査
コンペや公募は、参加することで何かウキウキするので、過去にも何度か応募したことがあります。
ただ、いつも入選や入賞をしているわけではありません。

大学時代は絵を描いていましたが、大きな公募はことごとく落ちました(T_T)
その後人形に転向してからはちょっと勝率上がった・・・かな。
何が悪かったのか自分でもわからないこともありましたが、技術が未熟だったこともありますけれど、ひと言で言えば「相性」だと思います。

以前東急ハンズが主催していた「ハンズ大賞」というのがあって、あこがれて一度人形を応募しましたが見事に落とされました(T_T)
結果通知には「あなたの作品が悪いわけではないのですが・・・」と親切に書いてありましたが、ハンズのコンセプトと合わなかったんでしょうねぇ。
ユーモアとアイディアがあって、商品化できそうな作品が選ばれていたような気がします。

最近では3,4年前に人形供養で有名な京都の宝鏡寺が主催した人形公募展があり、京都は大好きなので頑張って新作を作って応募しましたけれど、一次の写真審査で落ちました(><)
これはかなり悔しかったです・・・。
テーマは「和(なごみ)」でしたが、遠かったので見に行かれなくて後で新聞で入賞作品だけ見ましたが、やっぱり私の作風と違ったような気がしました。

「自分に合った公募を選ぶ」これも入選の秘訣です。
どうやって自分に合ったものを選ぶのかといえば、公募展のコンセプトをちゃんと知ることと、審査員や招待作家がどんな方なのかも調べておく。
過去に何度も開催されたものなら、図録などを見て入選作品を見ておく・・・などです。
後は、勘。ビビビ!!とくればOK(^^)V
外れることもある・・・けど。
でも落ちても諦めないで、また次のステップと考えてください。

ここで補足ですが、「まず入選」を目標としている私が賞を狙いたくても狙えないのはDOLL EXPO 2012のコンセプトに「隠れた才能を掘り起こし人形芸術の存在を美術界にアピールすることを目標とします。」と書かれていることで、もっと若いこれから伸びる人を選ぶんだろう・・・と思ったからです。
作品も作者も未発掘を選びたいということでしょう。

エントリーの費用をオンラインチケットで支払うのは新しい試みでしたが、コンビニで端末機を使うのは私以上の世代ではちょっと難しい。若い人向けだなーと思いました。
だから開き直って、これから応募したい方たちのためにこんなコラム書いてます~(笑)

さて、DOLL EXPOの一次通過の知らせをもらった続きです。
結果通知には、二次の現物審査の搬入方法と会場の地図が入っていました。
場所は都内にある美術運送会社の倉庫でしたが、鎌倉の自宅からは2時間ほどかかりそうでした。
作品は送っても持って行っても良く「持って行く場合はFAXかメールで連絡の上」と書いてありました。
けっこう大荷物になりましたが、宅配で送って何かあったら怖いので持って行くことにしました。
返却は着払いの宅配便で送ると書いてあったので、戻ってくる時のために箱に入れて行かなくてはいけません。
出品する子に「頑張ってね」と話しかけながらスタンドをセッティングし、丁寧に包んで箱に入れて手引き車でコロコロ転がしながらで、かなりの大荷物でしたが気分は「いざ出陣」みたいな感じです(笑)

現物審査の搬入はなるべく送らずに、可能なら自分で持って行くことをお勧めします。
大体が搬入場所=審査会場になるので、最後まで見届けることも大事です。
会場に着き、荷物を開けて破損が無いかの確認と、必要書類のチェックを係りの方と一緒にしましたが、もしここで何か不備(例えば返信用封筒に切手を貼り忘れた等)があっても自分がいれば何とかなると思います。

そして一番知りたかったこと・・・帰り際に「応募数はどれぐらいあったんですか?」と係りの方に聞いてみましたが「一次通過が300余りと聞いています」という答えでした。
最多200体を展示予定と要項に書いてあったので、つまり二次の現物審査で100人落ちることがここで分かりました。

そして待つこと3週間あまり。
確か搬入した時に「6月2週ぐらいに結果通知します」と書いて貼ってありましたが、かなり遅れて18日の月曜日に通知が来ました。
一次審査の結果と同じ書式の紙の「合否」のところに「入選」と書いてありました。

・・・ほっとしました。
関連記事
プロフィール

kulaladoll

Author:kulaladoll
人形作家:神奈川県在住。創作活動の傍ら鎌倉と川崎で人形教室を開いています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
AMAZON商品手芸・画材
AMAZON商品
AMAZON商品
AMAZON商品
PR
リンク
カテゴリー
twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード