人形公募展にチャレンジ その2 要項を良く読む
前回の続きです。
ここでひとつ訂正ですが、DOLL FANTASIAの入選作に粘土の立ち姿の球体関節人形が無かったと前日書きましたが、後で良く見たら1つありました。
服を着ていて気づきませんでした・・・黒人の男の子で、関節もがっしりとして人形に合わせた専用スタンドで立っていました。


本題に入ります。
先ず最初に応募の心得として、こういう時自分の技術に多少自信があっても「賞を狙いたい」「人形を売りたい」と最初から大きなことを考えないのが第一です。
失敗の繰り返しでそれは憶えました・・・(T_T)
先ずとにかく入選し、会場に飾ってもらうことを目標にする。
それだって大変かもしれない。
8年前の公募・ドールファンタジアは入選倍率が5倍で、私の周囲で球体関節を出した人は全滅だったのですから。

そして次に何でもそうですが「要項を何度も読み返す」・・・これ、本当に大事です。
規定に外れることをしたら、せっかく作った作品もおじゃんになっちゃいます。
これがまた、細かい字でびっしり書いてありました・・・。


●出品者本人が単独で制作したオリジナル作品で他の公募展、個展などに出品していない未発表のもの。

つまり人形だけ作って衣装を人に頼むのはNG。全部自分で作ったものに限ります。
そして、未発表というのは公募展や個展に限らず、多分インターネットでの写真公開もNGと思います。
「応募作品が出来上がったのでアップしまーす!」というのはやらないほうが無難です。
というのは、入選作品を図録掲載した時やTVなどで報道された時の著作権問題に引っかかるからです。(これは横浜人形の家の手作り人形展審査の手伝いをした時、担当の係りの方に教わりました)

『結果発表後でも出品規定に反することが明らかになった場合は取り消す場合があります』とも書かれていました。

そして作品サイズ
●台座・スタンドなどの付属品も含み展示された状態で以下のサイズの円筒形の収まる大きさ。単体作品/直径60cm・高さ60cm ・・・

これ読んで気づいた。
まてよ~私が応募しようとしているのは立ち姿の球体関節人形で、元々公募用に作り始めたわけではないので大丈夫だろうか?人形だけの身長しか測っていなかったかもしれない。
測ってみたら、市販のスチール製スタンドに乗せて60センチギリギリでした。
ま、まずい・・・スタンド台を木にして専用の頑丈なの作ろうと思っていたのに~はみ出ちゃう!!
仕方なく・・・市販のスチール製で何とかすることにしました(T_T)

そして、もっと良く読んだら、著作権の説明欄に書いてあったこと。
実はこれ、一次審査の応募をした後に読み返して気づきました。
●本展覧会の期間および本展終了後に計画されている全国各地での巡回展(本展覧会後、最長2年間)の期間中・・・云々

つまり今度の公募展も、前回同様に新高輪プリンスホテルだけで終わらず、全国を巡回する予定なのだと知りました。
最長2年間戻ってこないんだ!!

更に
●壊れやすいもの、展示に際し不安定なものについては、破損保障などの責任は問いません
●作品が自立することを条件としますので、自立しない場合スタンドなど展示をするために必要な付属品は、本体にセッティングした状態でご応募してください。
●スタンド以外の付属品についても、バラバラにならないように、きちんと取り付けてください。

・・・●規定を満たさない作品や、書類に不備がある場合は審査の対象となりません。
私はスタンドに人形を取り付ける予定ですが、椅子だったら椅子に人形を取り付けるということでしょうか?
分からないことは事務局に聞くのが一番と思いますが、今回椅子は使わないのでパス。

『入選作は最多200を予定しています』とあったので、招待作家は別として一般応募の作品をひとつひとつ丁寧に飾ってくれるとは限りません。
というのは前回のドールファンタジアの私の入選作は、最初羽に梱包用のダンボールをつけたまま飾られていました。
初日に会場に行って私が気づきましたが、作品の一部と思われたのでしょうがそういうことだってあるのです。

これはかなり丈夫に作っておかないと「規定に満たない」とみなされて落とされることも考えられます。
文句を言っても「要項に書いてあります」と言われて終りです。
壊れにくいものや飾りやすいもので、なおかつ良い作品を作らなくちゃいけないということです。
関連記事
プロフィール

kulaladoll

Author:kulaladoll
人形作家:神奈川県在住。創作活動の傍ら鎌倉と川崎で人形教室を開いています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
AMAZON商品手芸・画材
AMAZON商品
AMAZON商品
AMAZON商品
PR
リンク
カテゴリー
twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード