最近のお教室


最近の教室の様子を久しぶりにアップ。
【上】3週間空いた川崎教室でしたが、元気に皆さん集合。
脚や手はちゃんと右左書いておかないとわからなくなるんです。

趣味の話題で盛り上りながら楽しく制作しています。

【下】鎌倉の教室で昨年秋から作り始めた最初の子に目が入りました。
少しずつ完成が見えてきたかも。
次のプレゼントは…


趣味なびさんからの、生徒さんサンプルプレゼント。今回は生地サンプル集をいただきました。小さな人形なら使えそうな大きさですよー! #趣味なび #ソールパーノ #ハンドメイド #布 h
カフェラトリーのサンプル配布終了しました♪
「趣味なび」さんから、今回の生徒さんへのサンプルプレゼント「ブレンディ カフェラトリー スティック」の配布終了しました。
皆さんとても喜んでくださいました。
次は何かな~?
#趣味なび
#カフェラトリー
DSC_0355.jpg
スチロールにまみれて

最初の大変な作業、発泡スチロールを削って芯を作っています。
散らかるので、離れた席で作業中。
新年度


川崎教室の新年度が始まりました。
ありがたいことに二人新しく入会して下さり、今日は下図を描きました。
他の教室に比べたら川崎教室は広いのでかなり贅沢な机の使い方です(^_-)
丁寧に


今日の鎌倉はあまり良いお天気ではありませんでしたが、午前午後と1人ずついらっしゃいました。
細かいパーツを丁寧に調整しています。
ドールフィニッシャー胡粉
人形教室で仕上げに使っていた液状胡粉が通販でずっと品切れで、もう作っていないらしいということを、つい最近知りました。
これは不便…そうなるとボンド胡粉を自分で練らなければいけなくなるのですが、初心者の生徒さんには少し高いハードルです。
何か替わるものはないかと探したところ、パジコから出している「ドールフィニッシャー胡粉」という商品を見つけて注文してみました。
DSC_0339.jpg

値段は液状胡粉より200円ほどお高いですが、試し塗りした様子では液状胡粉と仕上げの肌さわりはあまり変わらない気がします。
まだ在庫が私の手元に若干残っていますが、数年後にこちらに以降するかもしれません。
液状胡粉はもともと木目込み人形用のものなので、時代の流れには逆らえないのかもしれないですね…。

ドールフィニッシャー胡粉はアマゾンでも扱っています。私はそのためにプライム会員になっちゃいました。


本覚寺の枝垂れ桜
DSC_0287.jpg

鎌倉駅からアトリエに向かう途中にある、本覚寺の枝垂れ桜が今満開です。
昨日は携帯で撮影している人が沢山いました。
お寺と枝垂れ桜、良く似合います。
太宰治 道化の華の残影
3月5日~10日スマートシップギャラリー企画展「むかしものがたり」に展示した新作の球体間接人形です。
「道化の華の残影」とタイトルを付けましたが、イメージは太宰治の最初の心中事件をもとにした小説「道化の華」に登場する心中相手の「園」のモデル田部シメ子さん。
DXsWud4VwAIDvvk.jpg

ネットで見つけた、この写真が可愛くて人形にしたくなってしまいました。
当時18歳だったそうですが、銀座のカフェで女給をしていた時に太宰と知り合い、鎌倉の小動岬で太宰とともに自殺をはかって1人だけ亡くなってしまったという可哀そうな娘さんです。
DXsWvNPU8AIvxB3.jpg

小動岬は私の自宅から車で30分ぐらいの国道134号線沿いにあります。
DSC_0197.jpg
DSC_0189.jpg

断崖絶壁の岬の上には小動神社という海の神様を祀っている神社があり、とても景色の良いところです。
飛び降りたら絶対助からないと思いますがそこは太宰先生、美しい死に方を選び、波打ち際の岩で睡眠薬を飲み、1人助かりました。
DSC_0186.jpg

太宰、ほんんとーーーーに!罪な男ですね…。

一連の心中事件を元にして太宰は「道化の華」という小説を書いており、青空文庫でも読むことができます。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/255_15100.html



椿満開


アトリエ看板の脇の椿が今花を咲かせています。
春ですね~。
玄関に続く緑の小径のタヌキさんも日に当たって気持ち良さそう。このタヌキは大家さんのご家族が住む前からあるそうです。最初に建てた母屋は大正五年築だそうなので、100年はたっているかもしれないと!?
ずっと見守っていてください。
プロフィール

kulaladoll

Author:kulaladoll
人形作家:神奈川県在住。創作活動の傍ら鎌倉と川崎で人形教室を開いています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
AMAZON商品手芸・画材
AMAZON商品
渡邊萠作品集・電子書籍版が出ました
AMAZON商品
AMAZON商品
PR
リンク
カテゴリー
twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード